深く考え、豊かに表現する子どもの育成を目指して

子どものための哲学教育研究所  Japanese Institute of Philosophical Education for Children
 

   Contact Us
   toiawaseアットjipec.org
    ※「アット」を「@」に置き換えて
      送信してください
JIPEC Event


 イベント一覧

  2010.6.13  QEI第1回特別総合講座第が開講されます
  2010.2.20  第3回哲学教育合同研究会(第21回臨床哲学研究会)を開催します
  2009.8.21  第2回哲学教育合同研究会を開催します


開催日:2010年6月13日
更新日:2010年6月1日
   QEI第1回特別総合講座が開講されます 
 
 
 千葉県柏市のクセジュ柏教室にて、QEI第1回特別総合講座「歴史を哲学する!」が開講されます。講師は当研究所所長の山田圭一が務めます。受講生の方は、あらかじめ事前問題を以下からダウンロードした上で、回答したものを当日持参してください。

●日時:6月13日(日)19:00~20:30

●場所:クセジュ柏教室(千葉県柏市明原2-6-1)
●事前問題:「歴史」を哲学する!(右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください)   
   
開催日:2010年2月20日
更新日:2010年2月6日
   第3回哲学教育合同研究会(第21回臨床哲学研究会)を開催します 
 
 
 下記の要領で、第3回哲学教育合同研究会を開催します。今回は、大阪大学臨床哲学研究室主催による第21回臨床哲学研究会との合同開催となります。このため、会場はこれまでの東京を離れ初めての関西(大阪大学豊中キャンパス)になりますが、みなさまお誘い合わせの上ふるってご参加ください。

              ※ 第3回哲学教育合同研究会・第21回臨床哲学研究会 ※

              -現場によりそいながら、現場の問いを考える臨床哲学研究会-

 今回は、東京から、子どものための哲学教育研究所の面々をお招きしてこどもの哲学を主軸に、広く「教育」に結びつく問題を考えます。

 学校のなかで、哲学は本当に有効なのか?

 環境について、こどもたちと考えることはできるのか?

 中学校などでの哲学教育の推進と佐渡島での環境教育についての発表からフロア全体で「教育」について話し合います。

 どなたでもご参加いただけます。みなさまのご参加をお待ちしています。


●日時:2月20日(土)14:00~18:00

●場所:大阪大学豊中キャンパス 大学教育実践センター教育研究棟1 2階 マッチング型セミナー室

●主催:大阪大学大学院文学研究科臨床哲学研究室・子どものための哲学教育研究所


プログラム


○発表(発表40分+質疑20分)

-14:00~15:00 「ロゴスの道徳教育の可能性と有効性」

山田圭一(中央学院大学など、非常勤講師)、土屋陽介(日本大学)、村瀬智之(千葉大学)


-15:10~16:10 「こどもの哲学と環境倫理教育」

豊田光世(東京工業大学)


○休憩         -15:00~15:10、 16:10~16:30


○ディスカッション   -16:30~18:00


○進行         中川雅道(大阪大学/臨床哲学)


●発表者紹介
山田圭一 専門はウィトゲンシュタイン。著著『ウィトゲンシュタイン最後の思考―確実性と偶然性の邂逅』。

土屋陽介 専門は懐疑論、ストラウド。訳書バリー・ストラウド『君はいま夢を見ていないとどうして言えるのか―哲学的懐疑論の意義』

村瀬智之 専門は分析形而上学。数学で非常勤講師をされる傍ら、世田谷区の日本語教師として哲学の授業を実践する。

豊田光世 ハワイ大学に留学し、P4Cを学び、現在、佐渡島でP4Cを用いた環境教育を実践中。
   
開催日:2009年8月21日
更新日:2009年12月8日
   第2回哲学教育合同研究会を開催します 
 
   日本大学文理学部キャンパス(百周年記念館会議室3)にて、第2回哲学教育合同研究会を開催しました。数多くの方々にご参加いただきまして、深く御礼申し上げます。


 詳細につきましては、こちらをご覧ください。
Copyright(C) 2009 JIPEC All Rights Reserved