深く考え、豊かに表現する子どもの育成を目指して

子どものための哲学教育研究所  Japanese Institute of Philosophical Education for Children
 

   Contact Us
  ※「アット」をアットマークに置き換えて
    送信してください
JIPEC Co・lu・mn


  2010年6月14日~
土屋陽介
 ハワイp4cスタディーズツアー報告(連載コラム) 
              

   目次

    1    ワイキキ小学校におけるp4c授業
    1.1  4年生のクラスでのp4c
    1.2  6年生のクラスでのp4c
    1.3  2年生のクラスでのp4c
    1.4  ワイキキ小学校の先生方との意見交換会
    2    カイルア高校におけるp4c授業
    2.1  1年生と3年生のクラスでのp4c
    2.2  カイルア高校の先生方との意見交換会

1.2 6年生のクラスでのp4c

 バッツ先生のクラスを後にしたわれわれは、続けて6年生のローレンス先生のクラスと、2年生のクラスのp4cに続けて参加した。p4cの大まかな進行は4年生のクラスと同じであったので、ここでは特に私の印象に残ったことを中心に報告を行う。

 まず、ローレンス先生の6年生のクラスである。このクラスのp4cで最も印象に残ったのは、生徒たちが自分たちがいま行っているp4cという活動に対して反省的な問いを投げかけていたことであった。きっかけはローレンス先生の発した一言であった。本日のトピックを決める段になって、ローレンス先生は「それじゃあ、よい哲学的問題になるような問い(what makes a good philosophy question)を出してください」と何気なく発言したのだった。これに対して、一人の生徒が「よい哲学的問題ってそもそも何ですか?いろんな答えが可能な問いってこと?」と疑問を述べ、それから短時間の間ではあったが、「哲学的な問題ってそもそも何だろう?」ということをめぐる対話が巻き起こった。

 まず、疑問を出した生徒の「いろんな答えが可能な問いってこと?」という発言を受けて、別の生徒から「根拠を掘り下げていっても終わりがない問いってことじゃない?」という新たな意見が出された。次にボールを受け取った生徒は、僕は哲学的問題としては不適切なものを考えてみたよと言って、「僕がいま着ているシャツは何色か、みたいな問いは哲学的な問題じゃないよね」と述べた。この発言を受けて、われわれと共にp4cに参加していた豊田氏が、「いまのシャツの色の問いをよい哲学的な問題に作り替えることができる人はいる?」と問いを投げ返すと、「どうやって服は作られているのか、みたいな問いはどうだろう?」といった返答がいくつか戻ってきた。ここで、生徒たちが少し考えあぐねているのを見計らって、ジャクソン博士が助け船を出した。ジャクソン博士が指摘したのは、「夜に明かりのないところでシャツを見ると真っ暗でシャツは黒く見えるけど、昼間に見ると色がついているように見える」という事実であった。どういう明かりの下で物を見るかによってどういう色が見えるかは異なってくる。だとすると、色とはどういう種類の存在者なのだろうか?それは形のような性質とはどのように異なっているのだろうか?

 確かにこのように問いを立てれば、自分の着ているシャツの色についても哲学的な問いを作ることは可能かもしれない。ジャクソン博士はまさにそのことを生徒たちに示唆しようとしていた。しかしそうだとしても、それはどのような意味で「哲学的」なのだろうか。なぜこの問いは、「僕がいま着ているシャツは何色か」という問いよりも「哲学的」なのだろうか。―――「哲学的な問題とは何か?」というのが当初の問いであったのだから、ジャクソン博士の挙げた例からこの段階の考察にまで至ることができたら、哲学(p4c)とは何かについて本当の意味での反省的な考察を行うことができたということになるだろう。しかし残念ながら、この日の対話はそこまでは深まらなかった。というのも、話がここまで進んだところでローレンス先生が引き取ってしまい、「いま出た「色とは何か?」でもいいけど、それ以外にも今日話し合いたい話題はありますか?」と本日のトピックの選定に話題を変えてしまったからである(結果的に、この日のp4cでは「死ぬ前にすることで重要なことは何か?」について話をすることになり、ここまでの話題がこれ以上論じられる機会はなかった)。このように、考えを深めるのに格好の素材が出ていながら、それを対話の流れの中でみすみす取り逃がしてしまうこと(そしてそのことに後から気づくこと)は、哲学カフェなどの哲学的対話実践を通して私自身も何度も経験していることである(し、現に以上の点も、私自身その場では気づいておらず、この文章をまとめるために記録映像を見返した際に発見したことであった)。改めて哲学的な対話を行うこと、特にそれの進行役を務めることの難しさを思わされた。

 このクラスでもう一つ印象に残ったのは、p4cを始める前に「考えを深めるためのツールキット(Good Thinker’s Tool Kit)」が示され、生徒にこれらの思考のツールを使って考えを深めるよう促していた点であった。具体的には、「T」「E」「I」「R」「W」「C」「A」と書かれた7枚のカードが使われ、対話を始める前にローレンス先生がそれを床に投げて、それぞれが何の頭文字であるかを生徒に唱和させて内容を確認させていた(それぞれ、「True?」「Examples; Evidence」「Inference; If…then…; Implications」「Reasons」「What do you / we mean by…?」「Counterexample」「Assumptions」の頭文字である)。しかし、実際の対話の中でツールキットが意識されたり使用されたりすることはほとんどなく―――いまの発言は前の発言に対する「C」だね、といったような指摘が(先生であれ生徒であれ)対話の中でなされることは一度もなかった―――、個人的には、「考えを深める」ためのツールキットなのであれば、単にそれを示すだけでなく、それを活用するためのさらなる工夫が必要であるように感じられた。(ただし、われわれが見学した今回の授業が、たまたまツールキットを使用した反省的考察よりも対話の自然な流れに重きを置いて進行されていた可能性もあるので、この点については一度の視察だけから早計に結論を下すことは差し控えなければならないだろう。)

   
本ホームページは、科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)「初中教育における哲学教育研究」(研究課題番号:21652002)の助成を受けて運営されています。
Copyright(C) 2009 JIPEC All Rights Reserved